171216024.jpg

折角ネルソンができたのだから

それに牽かせる客車も少し高級にということで

例のごとくIORI工房のロ75とフホハ7835を作成。

実際牽かせてみるとみるとよい感じ。

やはりネルソンはボギー客車が似合う?

171216002.jpg

今回は組み立てる前に

1500番くらいのサーフェーサで先に下地処理。

こうするとタミヤでも接着が容易になる(はず)。

171216004.jpg

フホハに関しては台車のセンターピンは

KATOのものと指定があるが

耐久性などを考慮して2mmボルトとワッシャで固定した。

171216009.jpg

快晴の土曜の朝。

相変わらずの寒さが続き

ゲレンデもこの時期としては上々のコンディション。

第3も今日からオープンでも人工雪で結構ツルツル。

第2はかなり滑りやすい雪。

25299156_1606299682793252_8232940670665160802_n.jpg

去年に続きゲレンデには昴が。

相鉄100周年を記念して横浜高島屋の

催事場で行われている大相鉄展行ってみた。

171216019.jpg

入り口には

6000系と8000系の大きな模型(1/50くらいか?)がお出迎え。

171216015.jpg

基本的には相鉄の1C1蒸気の時代から

昭和50年くらいまでの写真パネル展示が主体だが

社員によるミニジオラマも多数あって

規模はデパートの催し物レベルだが

まあまあ楽しい。

これは二俣川近辺のジオラマ。

171202.jpg

先週は思ったよりもすいていたかぐらだったが

今回はこのように駐車場はほぼ満車(11時ごろ)

17120201.jpg

Kくやんと後ろは今年からサロモンウエアになったKんのさん。

17120202.jpg

11月末から雪は降っていないらしく

先週よりも雪は減った。

171205飯田線模型006.jpg

前回の発売時に瞬殺に近くて

後の飯田線シリーズの礎となった合いの子クモハ53007。

この度久しぶりに改良されて再生産となったので早速入線。

ただし変更点はごく少なく

運行窓が第3弾以降と同様ただのモールドから

窓ガラスを延長させてはめ込みガラス仕様になったことくらい。

左が今回製品。

もともとKATOの得意なのっぺりカチリとした表現と

実車のイメージが他の飯田線とは異なり

非常にマッチしていてよい印象なのは相変わらず。

171205飯田線模型007.jpg

前回は何故か相棒としてクハ68420が選ばれていて

何故??と言う感じだったのが

今回は最末期まで長く編成を組んだ68400になった。

サッシ下部が分厚い助手席窓や

オリジナルクハ68の初期車らしくリベットが並んだ

シルヘッダーなどしっかり再現はされているが

製品のまま少しあっさりし過ぎの感がある。

この辺ウェザリングなどのし甲斐があるかもしれない。

以前に制作した鉄コレから改造した68400と

比べてみると鉄コレのほうが彫りが深く

気分で使い分けても良さそうなのでお役御免にはしない。

171201012.jpg

2003年くらいの鉄道模型ショーで販売された

JMRAのネルソンのキットが手に入ったので

早速組立完成した。

171201001.jpg

これがその箱。

キットではランボードとボイラーが2種類入っていて

原型6200、過熱式改造後の6250、さらに空制化後の

3種類を作り分けられるようになっている。

ただし自連化後の姿。

171201002.jpg

実際には制作はワールド工芸が行っているらしく

同社のキット同様

説明書を見ると少しビビるが

実際は非常に組みやすい。

171125003.jpg

11/23にいよいよかぐらオープン。

10年ぶりにみつまたまでのフルオープンだそうだ。

例によって重役出勤。

シーズン券をもらって12:00のロープウエイ。

171125002.jpg

みつまた駐車場の気温は3度ちょっと。

この時期としては?普通?

171125004.jpg

この時期としては珍しくほかにも滑れるスキー場が

かなりあるのでかぐらに集中することも内容で

駐車場もまだ空きがある。